ムーヴィーリヴュー:『ノッティングヒルの恋人』Notting Hill(ロジャー・ミッシェル 監督)

『ノッティングヒルの恋人』(原題:Notting Hill)
監督:ロジャー・ミッシェル
出演:ジュリア・ロバーツ、ヒュー・グラント、ヒュー・ボネヴィルなど
1999年

Amazon Prime Video

 ロンドンの旅行書専門書店主を営むウィリアムは、アンナ・スコットという有名なハリウッド女優と出会う。2人の間には異なる世界の間に火花が散り、ロマンスが生まれる。しかし、対照的なライフスタイルの違いや、アンナのキャリアが困難を引き起こす。最終的には、2人の愛が、現実の障壁を乗り越えられるのか。以上が、要約である。時を共にする男女は、譲り合いの精神が必要ということだろうか。あり得るようなあり得ないような物語の本作は、いつ見てもおもしろい。映画の公開から25年。ウィリアムとアンナがどうなったのかは知りたいところではある。