ムーヴィーリヴュー:『プラダを着た悪魔』The Devil Wears Prada(デヴィッド・フランケル 監督)

『プラダを着た悪魔』(原題:The Devil Wears Prada)
監督:デヴィッド・フランケル
出演:メリル・ストリープ、アン・ハサウェイ、エミリー・ブラント、スタンリー・トゥッチなど
2006年
Amazon Prime Video

 名門大卒のジャーナリスト志望の主人公アンドレアが、一流ファッション誌の厳しい編集長ミランダの下で前向きに働く姿を描いた物語。田舎からニューヨークに出てきた彼女は、ファッションにも業界にも興味がないのにもかかわらず、ミランダの第2アシスタントの職を引き受ける。過酷、かつ、無謀な要求にこたえるのが彼女の仕事だったが、しだいに、ファッションセンスも磨かれ、業務にも慣れていく。しかし、ミランダの成功と引き換えの代償や業界の現実を知ってしまった上に、自身の私生活での危機に直面したことで、我に返る。彼女は自分の信念を貫くため、ファッションの世界を去り、ジャーナリストの道に進むことを決意する。人間の強欲さが明るく描かれた作品である。ジャーナリストの世界にも不条理なことはあるだろうが、主人公は良い選択をし、ハッピーに終わるのが清々しい。